格安SIM

格安SIMの料金プランとは?通話料金を忘れずに計算しよう!

更新日:

格安SIMと通話料金の落とし穴

格安SIMが安くて使いやすいサービスであることに間違いはありません。大手キャリアの通信速度と変わらない速度でネットに繋ぐことができるので、快適なスマホ生活を実現できます。実際に、大手キャリアからの乗り換えに関してもSIMロック解除やガイドラインの改正によって難しくなくなりました。

格安SIMに乗り換えると、大手キャリアと比較して安い料金プランで契約を締結できるので、毎月の費用の節約に繋がります。しかし、格安SIMへの乗り換えに関しては一つだけ注意をしなくてはならない点があります。それは通話料金です。

大手キャリアと格安SIMの通話に関連するプランでは、月額プランで提供するのかそれとも通話時間そのものに注目をして提供するのかで違いがあります。大手キャリアは、高い月額料金を支払うかわりに月額の中でどれだけ電話をしても電話料金を安くできるプランが提供されています。

一方で、格安SIMの通話のプランは通話時間を目安にした月額プランが提供されています。例えば、30分以上通話をしたら料金を高くする、などといったプランが提供されているわけです。それだけではなく、格安SIMの通話料金は1分あたりの料金が高く設定されています。

だいたい、30秒の通話で20円程度かかる計算になっているため、1分あたりだと40円も必要になってしまいます。仕事などの都合で日ごろから電話を頻繁に発信している人は、格安SIMを選択することで逆に通話料金が高くなってしまいます。SIMロック解除に伴う格安SIMの乗り換えは、大手キャリアの月額料金を解消するために提案された方法です。

多くの人は、通信速度だけを比較して通話料金のプランを軽視しがちになっています。さらに格安SIMのサポートは、大手キャリアと比較して充実していません。

他の要素を切り捨てることで格安のプランが提供されているので、それぞれのユーザーが自身に合っているプランを選択することが前提となっているわけです。ですから、通信速度や容量のプランだけではなく通話プランもきちんと考慮しなくてはいけません。

時間制限のかけ放題を利用しよう

格安SIMを利用した月額料金は、平均すると必ず大手キャリアの料金よりも安くなります。ただ、これは通信速度や容量の比較だけであって通話プランを含めて計算しているわけではありません。実際の月額料金の比較は、下記の二つを合わせたものを考える必要があります。

  • ネット通信の月額プラン
  • 通話の月額プラン

格安SIMの場合、通話料金をなるべく安くするためには時間制限のかけ放題のプランを利用することが大切です。例えば、5分間はいつでも誰と電話をしても月額料金は定額になる、などというプランが提供されています。格安SIMの場合、通話時間を目安に料金プランが設定されていますので、自身が1ヵ月に何分程度通話をするのかを計算しておく必要があります。

ほとんど通話をしないのならば1分から3分程度の通話プランに加入しておけば良いですし、長い通話をする傾向があるのならば10分以上のかけ放題のプランに加入しておくことが大切です。どうしてもこうした通話プランのサービスに加入したくない人は、格安SIMに備え付けられている無料の通話サービスを利用することも可能です。

ただ、こうしたアプリで利用できる通話サービスは相手のIDなどがわからないとできないデメリットがありますし、何よりも音質が悪いため通話ができる条件が限定されるという側面もあります。

そのため、なるべく通話プランに加入しておくことが賢明です。このように自身の通話時間の目安がつけば、通話プランも安いものを選択できるので大手キャリアと比較しても安い料金で乗り換えることができるでしょう。

-格安SIM

Copyright© 格安SIMの通信速度を徹底調査!快適にスマホを楽しむ為の確認事項 , 2019 All Rights Reserved.