このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 実は簡単!格安SIM・格安スマホの解説と乗り換え手順を解説!

実は簡単!格安SIM・格安スマホの解説と乗り換え手順を解説!

49view

2018.01.17

MVNOとは何か

昨今、携帯電話サービスの基本料金が大幅に値下がりするサービスとして、格安スマホ、格安SIMという言葉が世間を賑わせています。その原動力となっているのが、MVNO(仮想移動体通信事業者)です。

MVNOとは他社から携帯電話回線などの無線通信インフラを借り、安価な独自サービスを提供している事業者のことです。具体的には、「楽天モバイル」「UQモバイル」「ワイモバイル」などの提供会社があります。

携帯電話・スマホには、SIMカードと呼ばれる固有のID番号が記録された通信用ICカードが組み込まれていて、このチップがないと電話回線を通しての電話やインターネット利用ができない仕組みになっています。そして、前述した安価なプランを提供するMVNOと契約し使用するスマホやSIMカードのことを、格安スマホ・格安SIMと呼んでいるのです。

MVNOは三大キャリアに比べて歴史が浅いため敬遠される方も多いですが、実際の回線は三大キャリアから借り受けているので、通話や通信速度の点でも安心して使用できます。

三大キャリアから乗り換えをしている人も沢山いるので、安心してください。

MVNOはいくらなのか

では、MVNOはいくらで使用できるのか説明します。SIMカードは、データ通信しか行えないデータSIMと通話・データ通信の両方を行える通話SIMの2種類に大別されますが、スマホを契約する方は、通話SIMのプランを契約すると想定されるので、ここでは通話SIMの料金に関して説明をします。今回はデータ通信に加えて「通話料別、通話料込」の2つのサービスを説明します。

通話料別

約1,600円で高速通信容量3GB程度が一般的な料金設定になります。楽天モバイルでは「組み合わせプラン」という通話料別プランを提供しています。高速通信容量3.1GBで1,600円/月になります。5GBでは2,150円/月の料金です。これに、通話料10円/30秒(楽天でんわアプリ使用時)が追加されます。

他のMVNOも同程度のサービスなので、通話をあまりしないという人は、通話料別のサービスを選択すると良いと思われます。

通話料込

通話料別サービスの説明では思ったよりも魅力を感じないと思われた人も、通話料込サービスで、格安SIMの真骨頂を認識し、乗り換えしたくなる人も多いと思われます。

通話料込サービスは「電話かけ放題(1回あたりの通話時間制限有り)」と「2GB程度(MVNOによって違いあり)の高速通信容量」が付いてきて、2,980円で使用できます。しかし、これだけではまだ物足りないと感じる人もいるかと思います。MVNOでは、1年目は1,000円割引を実施している事業者ばかりですので、実際には初年度1,980円でサービスを受けることができます。

そうなるとどこの事業者でも同じと思うかもしれませんが、微妙にサービスが異なります。例えば、「電話かけ放題(1回あたりの通話時間制限有り)」の面では、「楽天モバイル」「UQモバイル」はかけ放題の時間制限が5分間のみとなりますが、「ワイモバイル」は10分間と他社に勝ります。このように細部では各社ごとに特徴があります。

特に特徴的なのは「楽天モバイル」の「スーパーホーダイ」というプランです。このプランでは高速通信容量は2GBですが、低速通信が輝きを放ちます。一般的に、高速通信容量を使い切ってしまうと、通信速度は200kbps程度に速度制限をかけられてしまいます。

しかし、本プランでは低速通信であっても、通信速度1mbpsが保証されています。(12:00?13:00と18:00?19:00に関しては最大300kbps)この1mbpsというのは、動画を視聴するレベルであれば、読み込みで停止してしまうことがないと言われています。

実際、使用者の感想でも「ストレスフリーで動画視聴できた」という声が多くあります。なので、普段は低速通信で使用し、テザリング時に高速通信を利用するなどの工夫をすると、デスクトップやノートパソコンのためのネット利用も含めて、2,980円/月で済ますことができ、大変お得になります。これも、格安SIMの魅力の一つです。

MVNOのサービスは問題ないのか

ここまで見てきたように、MVNOは回線も大手同様レベル、しかも料金は安いということで何か裏がないのかと思えてくるかもしれません。サービスの点では、若干ではありますが、三大キャリアに劣る点があります。それは、実店舗数の問題です。

「ワイモバイル」は全国に約1,000店舗を展開しているので、そこまで大きな問題ではないのですが、「楽天モバイル」はこの点では劣ります。全国で約100店舗しかなく、実際に店員と話をしたいという人には向いていないと言わざるを得ません。

しかしながら、ネットでのチャットサービスは充実しており、不明な点や困りごとに関しては、ネット上で丁寧に対応をしてもらえますので、必要以上に不安に思う必要はないと言えます。

MVNOに乗り換えよう

最後に、ここまでお読みいただいて、早速MVNOが提供する格安スマホ・格安SIMを使用したいという人に、その乗り換え方法をお伝えします。乗り換えを行う際に、大きなポイントは、「MNPをするのか」「保有端末を継続使用・変更するのか」の2点があります。

ちなみに、MNPとは携帯電話番号ポータビリティーのことで、今使用している携帯電話番号を乗り換え先でも使用することを指しています。

MNPを行う場合は、現在のキャリアでMNP予約番号を発行し、MVNOの契約時に、その番号を提示する必要があります。

「保有端末を継続使用・変更するのか」に関しては、丁寧に説明します。まず、現在使用している機種を使いたい場合は、乗り換え先のMVNOの回線周波数に対応しているかどうかを確認する必要があります。最初に記述したように、MVNOは三大キャリアの回線を使用していますが、三大キャリアごとで使用している周波数帯が異なります。

そして、各端末で使用できる周波数が決まっているため、自分の端末が乗り換え先の周波数に対応しているかを確認します。乗り換え先の周波数は乗り換え先の親元の回線周波数を確認し、端末の対応周波数に関しては、現在のキャリアの公式ページで確認できます。その上で、注意して欲しいのは、SIMロック解除が可能かどうかの確認もしてください。

周波数の問題をクリアしても、各端末にSIMロックがかかっていると、乗り換え先のSIMカードを読み込むことができません。なので、SIMロック解除を行う必要があります。SIMロックは、同一回線を使用する場合は関係ないので、三大キャリアとMVNOの回線が同じ場合、SIMロック解除は必要ありません。

周波数もSIMロックの観点で問題がある場合は、SIMロック解除が不要な端末、もしくはSIMフリー端末を購入するか、MVNOで端末を購入することになります。

ちなみに、よく言われるSIMフリーというのは、SIMロックが掛かっていない機種のことで、どのSIMカードを挿入しても使用可能な端末のことを指しています。なので、アップルなどから、直接買った機種も、三大キャリアのSIMロック解除を行った機種もSIMフリー端末です。

長くなってしまったので、乗り換えの手順を要約します。

1.乗り換え先の親元回線を確認す。

2.自分の使用したい端末が乗り換え先の回線の周波数に対応しているか確認する

3.自分の使用したい端末が、乗り換え先のSIMカードを使用できる状況にする(方法は「SIMフリー端末購入」「SIMロック解除不要端末の購入」「MVNOでの端末の購入」「保有機種のSIMロック解除」が考えられます。)

4.MNP予約番号を発行する(MNP不要の場合は、必要ありません。)

5.MVNOで新規契約する

6.SIMカードを差し替える

7.MVNOの回線開通作業をする(SIMロックを解除は、7.以前に必ず実施してください。)

これだけで乗り換えは終了です。思っている以上に簡単なので、是非MVNOに乗り換え、お得に通話とネット使用を楽しんでください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る