このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 お得な格安スマホを使えば通信費を大幅に節約できます!

お得な格安スマホを使えば通信費を大幅に節約できます!

15view

2018.01.17

様々なメリットがある格安スマホ

格安スマホの魅力

日本では、幅広い年齢層の人が格安スマホを利用しています。格安スマホは、大手キャリアのスマホと比較すると安く利用できるのが大きな魅力です。

料金プランも豊富で、自分の生活スタイルに合った最適なプランを選択することができます。

格安スマホに乗り換えることで、通信料金が大手キャリアの半分から3分の1くらいまで安くなります。スマホ本体も低価格で提供されているので、若い世代を中心に人気が高いです。

格安スマホが安い理由

大手キャリアのスマホから格安スマホに乗り換えた場合、通信料金がかなり安くなります。格安SIMを取り扱っているMVNOは、大手の通信事業者のネットワークを借りて会社を運営しています。大手キャリアのように全国に店舗を置いたり多額の広告費用をかけずに済んだりするので、その分通信料金が安くなるのです。

通信料金が安くなっても、対応しているエリアは基本的に大手キャリアと同じです。さらに通信速度も通話音質も問題ありません。

格安スマホを使うには

格安スマホを使いたい場合は、まず格安SIMと格安SIMを使用できる端末を用意します。端末とはスマホ本体のことです。スマホ本体と格安SIMを合わせて格安スマホと呼んでいます。

無駄を省ける格安SIM

MVNOとは

格安SIMは、MVNOが販売しているSIMカードを指します。格安SIMを条件に合ったスマホやタブレットに挿入して各種設定を行うことで、データ通信や通話が可能になります。MVNOとは、仮想移動体通信事業者のことです。仮想移動体通信事業者は、大手キャリアから回線を借りています。その回線を分けてユーザーに提供しているのです。

回線を借りてコストを削減し、通信速度やデータ通信量を制限することで多くの人に低料金でサービスを提供できています。格安SIMは選択肢が豊富なので、無駄を省くことができます。契約期間の縛りもないので気軽に利用できます。

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMはメリットが多いですが、デメリットもあります。月の通信費が安くなることや豊富なプランから自分に合ったプランを選べること、さらに2年間の縛りがないことは大きなメリットです。

一方でデータ通信の制限があり、キャリア決済やキャリアメールなどキャリア関連のサービスを利用できないなどのデメリットもあります。

格安SIMの選び方

格安SIMには、データ通信専用の格安SIMとデータ通信と音声通話が可能な格安SIMがあります。データ通信専用の格安SIMは、データ通信に特化しているため月額料金がとても安いです。音声通話対応の格安SIMは、音声通話とSMSの送受信ができます。音声通話ができるので、料金はデータ通信専用SIMよりも高くなります。

格安SIMの選択では、いくつかポイントがあります。メインの端末として使う場合は、音声通話に対応している格安SIMを選んだほうが安心です。MNPの利用が可能なので、それまで使っていた電話番号を引き継いで使えます。

データ通信専用の格安SIMを利用する場合は、無料通話アプリやIP電話を使うことになります。経済的な負担が少なくて済む魅力的な格安SIMですが、多くの人が悩むのが上限容量と最大通信速度です。LTE高速通信が可能な格安SIMは、上限容量を超えてしまうと速度が制限されてしまうのです。ただ、多くの格安SIMは容量の追加が可能です。

SIMロックの解除

日本では、SIMロック解除の義務化によってMVNOのサービスが広く普及しました。MVNOが提供している格安SIMを購入した場合、持っている端末がSIMロックされていると使えません。SIMロック解除の義務化により、格安SIMの恩恵を多くの人が受けられるようになりました。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る