このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 格安スマホとキャリアのスマホどっちを買うのがお得!?

格安スマホとキャリアのスマホどっちを買うのがお得!?

51view

2018.01.17

格安SIM、スマホとは

私たちの身の回りではスマホを利用する人が増えてきています。通常のスマホはドコモ、au、ソフトバンクの携帯ショップで購入して料金プランなどの設定を行ったりします。これらの3つの移動体通信事業者を一般的にはキャリアと呼びます。しかし最近では大手スーパーや大型の家電量販店などでも購入ができます。

さらにキャリアの半額以下という月額料金の安さが魅力的です。格安スマホはなぜ安いのかというと格安スマホには格安SIMというものを使用しています。格安SIMに対応したスマホなので格安スマホと呼ばれています。そもそもSIMとは契約者を識別する規格で、SIMカードの中には個人情報を識別するIDが記録されています。

スマホで音声通話やメール、ネットにつなぐデータ通信を行うのはこのSIMカードがあって可能になります。もちろんSIMカードがスマホにセットされてなければ音声通話やメール、ネットにつなぐことはできません。キャリアで購入したスマホはSIMカードを挿入した状態で手渡され、ロックされています。

ロックとはスマホのSIMカードを抜いて別のキャリアのSIMカードを差し込んでも通話やデータ通信が行えないようになっています。これをSIMロックといい、スマホ利用者がSIMロック解除できないようになっています。

しかし、近年からSIMロック解除が義務付けられるようになりました。そのため携帯キャリアはスマホ利用者からSIMロック解除を要求された場合、その要求に応じなければならなくなりました。これによってSIMロック解除をしてもらえば他のキャリアのSIMカードを同じスマホで利用できるようになりました。

そして格安SIMについてですが、携帯キャリアは自社が所有している通信回線を使用して通話やデータ通信を可能にしています。それに対して自社の通信回線を所有していなく携帯キャリアの通信回線を借りて通話やデータ通信などの通信サービスを提供している事業者があります。

それをMVNOといい、通信回線を借りて安くて魅力的な料金プランを設けています。大手スーパーや大型家電量販店もこのMVNOに入っているところが多くなってきました。MVNOのSIMは携帯キャリアのものよりも低価格であるため格安SIMと呼ばれています。

格安スマホのメリット、デメリット

格安スマホは月額料金が安くなるだけでなく、他にもメリットがあります。まず格安スマホには基本的にデータ通信サービスのみが可能でショートメッセージや音声通話などのサービスをつけるかどうかはスマホ利用者が選択できます。このように選択肢が豊富なプランがあるので自分に最適な料金プランを見つけることができます。

携帯キャリアのように2年契約で購入したスマホを2年以内で解約した場合、高額な違約金が発生してしまいますが、格安スマホにはありません。また海外でも現地のSIMカードを使用できます。海外では自動販売機などでSIMカードを販売しており、簡単に購入ができるので海外のSIMカードに差し替えれば、海外でもデータ通信が楽にできます。

しかし格安スマホにもデメリットがあります。まず格安スマホは料金が低価格なことと引き換えにデータ通信量が少なく、データ通信を多く利用する人はすぐ速度制限にかかってしまい、通信速度が遅くなってしまいます。

データ通信を行う時はWi-Fiを利用したりして通信速度が遅くならないよう通信量を極力抑える必要があります。また格安スマホはメールアドレスがもらえないのでヤフーメールやグーグルメールを利用しなければなりません。

さらに携帯キャリアのように購入してもすぐにスマホを使用することができません。セキュリティ対策の設定や接続情報の設定などの設定を自分で行わなければなりません。

格安スマホのおすすめ機種

格安スマホにも基本的にいくつかデメリットがありますがハイスペックでおすすめの機種があります。格安スマホを選ぶのに重要なことは端末の価格や基本性能や特徴となる機能です。基本性能の高い機種を選ぶ場合スマホの頭脳とも呼べるCPUが高いものを選ぶことです。

またメモリーも大容量の3GB以上、写真や動画を高画質で見る場合はフルHDに対応したディスプレイのものを選ぶのが望ましいです。

しかしこれら全てを兼ね備えた端末だと当然端末価格も高くなるので、コストを抑えたい人は自分が重視しない機能の端末を選ばないようにするといいです。自分に合った機種選びをすることが重要です。ここではおすすめの3つの機種を紹介します。

ASUS Zenfone3 MAX

大容量のバッテリーを搭載していて、電池も長持ちするし、他のスマホに給電することも可能なので、スマホを2台持っている人におすすめです。さらに画面は5.5インチ大画面になっていてフルHDにも対応したディスプレイなのでとても鮮やかで美しい画面を映し出すことができます。

そして最も注目されているのがカメラ機能で動きの速い物や暗い場所でも鮮明に写すことができます。動画も手ぶれ補正機能がついているので揺れが少ない動画を撮ることができます。メモリーは3GBの容量を内蔵していて写真の保存やアプリのインストールもたくさんできます。

富士通 Arrows M03

おサイフケータイ機能や防水機能、ワンセグ機能と豊富な機能を搭載していて、画面も5インチと大きめの画面になっています。カメラ機能も広角レンズが搭載されているので広範囲での撮影が可能になっています。容量も2GBと十分で、携帯キャリアのように多彩で使い勝手の良い機能が搭載されているのでおすすめです。

HUAWEI P10 lite

5.2インチの大画面ディスプレイとCPU8コアという高性能タイプのスマホです。フルHDにも対応していてゲームや動画も高画質で楽しめます。カメラもアウト側は1200万画素という高画質のセンサーと素早くピントを合わせられるAFを搭載しています。

そして一番魅力的なのは容量が4GBととても多く、アプリをたくさんインストールする人でも動作が重たくなるという心配がないです。

格安スマホに向いている人

格安スマホは格安SIMを使用しているので低価格というのが魅力的です。その魅力から携帯キャリアのスマホから格安スマホに乗り換える人も多いです。しかし人によっては、逆に格安スマホに乗り換えると損する人もいます。現在携帯キャリアのスマホを使用していて格安スマホに乗り換えようか考えている人は、まずは自分に合っているのかちゃんと理解することが重要です。

まず携帯キャリアはSIMの挿入や接続をスタッフがしてくれますが、格安スマホは説明書を見ながら自分でやらなければなりません。説明書を見ながら作業を進めることが苦でない人には向いているかもしれません。

また格安スマホは携帯キャリアのように電話がかけ放題というようなプランがないため、通話をすればするほど料金が高くなるので、通話をあまりしないという人はおすすめです。また通信量が少なく通信速度制限がかかりやすいので、屋外にあまり出ず家にWi-Fiを繋いでいる人の方が向いています。

また格安スマホには携帯キャリアのスマホのようにメールアドレスがなく、ヤフーメール、グーグルメールでやり取りすることになるため少し面倒でもあるので、メールを頻繁に利用しない方がおすすめです。このように格安スマホには通常のSIMとは違う、格安SIMを使用することで柔軟で低価格な料金プランを設けることができます。

格安スマホにはメリットがたくさんあり、デメリットもあります。これらをちゃんと理解しておけば格安スマホにすべきか携帯キャリアのスマホにすべきかが分かります。経済的負担を減らすためには重要になってくるので自分にあったスマホ選びをしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る