このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 格安SIMの初期設定方法をiPhone・Android別に解説

格安SIMの初期設定方法をiPhone・Android別に解説

58view

2018.01.17

格安SIMを使う上でやるべきこととは?

格安SIMは月々のスマホ料金を半額以下に抑えられる素晴らしいサービスですが、その分通話料金が上がるなどオプション料金への注意が必要です。通話料を安くできるサービスや、不要な通信をせずに済む設定などを初期設定と一緒にしておくことをお勧めします。

パケ死によって通信速度が遅くなった後の通信速度復活もお金がかかりますから、データ量多めのプランで契約すると良いですね。これまではお店の人が設定してくれましたが、格安SIMは自分で初期設定をしなければいけません。

SIMカードを挿すことからスタート

格安SIMの初期設定はSIMカードを挿すところからです。SIMカードはデリケートなので丁寧に扱ってください。具体的には専用のツールや安全ピンなどを使ってSIMカードトレイを開き、そこにSIMカードを載せるだけです。

簡単な操作ですが、よくある失敗としてトレイが奥まで刺さっていない、SIMカードがずれているなどが起きます。うまく起動しない時も慌てずに対処してください。もし、SIMが破損してしまえばSIMカード発行手数料の3000円をもう一度払うことになります。

アカウントの同期も大切です

SIMカードを正しく挿入できたら初期設定の始まりです。スマホはGoogleアカウントやsafariアカウントの同期が前提となるため、これらのアカウントがない人は新たに作成します。すでにアカウントを持っている人はアドレスとパスワードを入力するだけです。複数アカウントを持っている人は、必要に応じて使い分けることも可能です。

また、端末の初期設定が終わったらあなたが普段利用しているサービスに関する設定も行いましょう。スマホで自動ログインができるようになったり、専用のアプリを利用できたりというメリットがあります。

Wi-Fiを引いているならWi-Fi設定を忘れずに

ここは大手キャリアのスマホと変わりません。Wi-Fiを引いているならWi-FiのIDとパスワードを入力することで自動的に接続ができます。もし、Wi-Fiに優先接続しない設定になっているなら設定メニューから変えましょう。良くいくお店にWi-Fiが引いてあるならそれぞれの設定をしましょう。

電話機能の初期設定

格安SIMには無料で通話料が半額になるサービスがあります。多くは通話のメニューから設定できます。

SIMロック解除

SIMロック解除はキャリアの違う格安SIMに乗り換える時に利用します。キャリアが同一であればSIMロック解除が不要です。

初心者のつまずきポイント、APN設定とは

AndroidとiPhoneで大きな差が出るのはAPN設定です。Androidは手動で行うのに対しiPhoneはオンライン操作で行います。これまではお店で行われたことですから、格安SIMに乗り換えた時はやり方を見ながら行うと良いでしょう。

AndroidのAPN設定

AndroidのAPN設定は手動で行います。端末から設定のメニューを開いてネットワークの項目をタップします。するとAPN設定、あるいはアクセスポイント名の設定の項目が出てきますからこちらをタップするとつなげるAPN一覧が出てきます。

使うべきAPNについては格安SIMの会社から渡されています。そのAPNを選び、指定のパスワードを入力すればネット通信や通話ができます。APN設定がうまくいっていない時はSIMカードが認識されず、画面にSIMなしと出ます。

iPhoneのAPN設定

一方、iPhoneのAPN設定はオンライン操作を必要とするため、初めにWi-Fi接続が必要です。iPhoneのAPN設定は格安SIMのサイトからデータで取得します。データを首都臆する時にパスワード入力が必要ですから手間そのものはAndroidと変わりません。

注意点としてAPNは一度に複数モテないので、iPhoneのAPN設定をする時は過去に使っていたAPNデータを削除してください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る