このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 使ってみたら快適!格安SIMのメリットとデメリット

使ってみたら快適!格安SIMのメリットとデメリット

59view

2018.01.17

格安SIMのメリット

最近では誰もが知っている格安SIMですが、実際に利用したことがない人にとっては、やはり不安もありますし、どのようなシステムなのかがわからずに手を出しづらいようです。

格安SIMの通話品質や通信速度に対して懐疑的な人もいるのですが、これらはキャリアの回線を利用しているため、途中で通話が途切れたり、使い物にならないほど遅くなったりすることはめったにありません。格安SIMのメリットは以下のとおりです。

料金が安く、必要最低限の内容でプランが組める

格安SIMのプランは通常、データ通信のみ、データ通信とSMS、データ通信とSMS及び音声通話のすべてが利用できるタイプの3つがあります。電話をかけることがない人、サブのスマホとして利用する人などにとっては、格安料金でデータ通信やSMSのみが利用できるプランは非常に便利です。

短期間で解約できる

キャリアでよく見られるような2年縛りがない点も魅力的です。多くの格安SIMでは、音声通話は1年以上使わなければ違約金が発生しますが、データSIMやSMS付きのSIMではいつ解約しても別途費用が発生しません。短期間だけスマホを利用したい人、いろいろや格安SIMを試してみたい人にとっても手軽に利用できるシステムです。

オンラインで手続きが完結する

忙しくて何度も店舗に足を運ぶことも、長時間待たされることを避けたいという人にとっても、24時間いつでも手続きができる格安SIMは効率的といえます。加えて、店員からのオプションの勧誘などもなく、自分の希望通りのプランを作りやすいです。

このように、格安SIMは手軽に始められて毎月の通信費を抑えられるという魅力があり、2台持ちのため、あるいは大容量の通信を安く利用するためなど、様々な目的で選ばれています。

格安SIMのデメリット

格安SIMが一般的に浸透していても、いまだにキャリアを使い続ける人もいます。つまり、料金が安く安定した品質であっても、やはりキャリア独自の魅力があるということになります。格安SIMを使う上で考えておきたいデメリットは以下のとおりです。

キャリアのメールアドレスやサービスが使えなくなる

キャリアで契約している場合、それぞれ独自のメールアドレスが使えます。電話番号は格安SIMに引き継げますが、メールアドレスはキャリアを解約した時点で使えなくなるため、頻繁にキャリアメールを利用していた人は注意が必要です。

格安SIMのプロバイダの中には、その会社のメールアドレスを配布しているところもありますので、どうしてもeメールが必要な場合にはそちらを利用しましょう。

また、キャリアごとのサービスも使えなくなります。ポイントなどが残っている場合には、乗り換える前にできるだけ使いきっておくことをおすすめします。

緊急地震速報に対応していない可能性がある

これはSIMというより格安スマホの側の問題ですが、キャリア以外のスマホの中には緊急地震速報に対応していないものがあり、いざというときの情報が遅れる可能性があります。SIMを変更すると同時にスマホも買い替える場合には、購入機種が緊急地震速報に対応しているのか確認し、非対応の機種であれば速報を受信できるアプリを入れておくようにしましょう。

初期設定やサポートは不十分

キャリアの料金が高額になりやすいのは、スタッフや店舗を充実させて購入時の設定やアフターフォローをしっかりしているからという側面もあります。その点、格安SIMは店舗や人員などのコストを削減することで通信費を安く提供していますので、いざというときにサポートが不十分になることがあります。

初期設定に関しても、問い合わせには応じてもらえますが設定自体は自分で行うことになり、ある程度の知識が必要です。

回線の相性がある

格安SIMの多くはドコモ系で、auの端末が使えなくなるなどのリスクがあります。中にはドコモ、auのどちらも利用できるプロバイダがありますが、プランやSIM自体は全く別物になりますので、契約するときに間違えないように注意しましょう。

通信速度はやや劣る

普段サイトをチェックする程度であれば不満を感じることはありませんが、キャリア回線の一部を使っている以上、やはりキャリアの通信が優先されます。時間帯や曜日によって通信速度が大幅に遅くなることも考えられますので、常に安定して早い回線を必要とする人のメイン端末には向きません。

このように、多少不便な点もありますが、これらのデメリットの多くはそれほど気にならない、あるいは代替手段でカバーできるものばかりです。仕事で確実につながる通信回線が必要な場合などを除き、格安SIMに乗り換える価値は十分にあるといえるでしょう。

格安スマホは性能が劣る?

格安SIMの会社で販売している格安スマホは、キャリアのスマホとは異なる点がいくつかあります。

SIMフリーになっている

格安スマホはどのキャリアでも使えるように、最初からSIMフリーになっています。そのため、格安スマホで格安SIMを使うこともできますし、自己責任にはなりますが、キャリアのカードを入れて使うことも可能です。また、他のキャリアや格安SIMに入れ替えても使えますので、SIMロック解除をしていないキャリアのスマホよりも使い勝手が良い面もあります。

スペックや種類が幅広い

格安スマホは安い反面、低品質な品物ばかりではないかと思われがちですが、決してそのようなことはありません。国内メーカーのスマホも多数ありますし、海外メーカーのものも世界中で愛用されている、実績のある端末がそろっています。

むしろ、SIMフリーになっていることで扱えるプロバイダが多くなっていますので、種類はキャリアよりも豊富です。プロバイダが販売している格安スマホは技適マークがついたものばかりであり、国内でも安心して使えます。

DSDSに対応しているものもある

格安SIMをサブ端末として使う人や、ドコモ、au、ソフトバンクの内複数のキャリアと契約している人におすすめなのが、DSDSに対応している格安スマホです。これはデュアルSIMデュアルスタンバイの頭文字で、一台の端末に2枚のSIMを入れることで、常に両方の電話番号で待ち受けが可能になるシステムです。

通話とデータ通信を同時に行うなどの使い方はできませんが、複数の電話番号を使い分けている時などは、DSDS対応の格安スマホを使うと何台も持ち歩かずに済みます。

今の端末を使いたいなら

格安SIMに乗り換えるとしても、今の端末をそのまま使いたいという人もいます。格安SIMは必ずしもスマホをセットで購入する必要はありませんし、使い勝手の良い設定や電話帳が登録されているスマホを使うのもよいでしょう。

ただし、格安SIMに乗り換えをする前に、キャリアでSIMロック解除の手続きをとっておきましょう。キャリアのスマホは他のキャリアで使えないように、SIMロックがかけられています。そのため、単に解約しただけでは他のキャリアのSIMを入れても使えません。

もちろん、同じ系列の格安SIMならば使うことができますが、より選択肢を広げる意味でもSIMロック解除をしておいた方が安心です。

また、乗り換えの際に今までの電話番号を使いたいのであれば、解約の際にMNPの手続きをしておきましょう。多少手数料はかかりますが、格安SIMを申し込むときにMNP予約番号を伝えるだけで、電話番号の引き継ぎができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る