このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 クレジットカードが無くても契約できる!MVNO4選!

クレジットカードが無くても契約できる!MVNO4選!

22view

2018.01.17

格安SIMの契約にクレジットカードは必須ではない

多くのMVNOでは支払い方法はクレジットカード支払いのみ

MVNOが取り扱う格安SIMは、インターネット経由で契約手続きを行うのが主流となっていることもあり、毎月の利用料金の支払い方法についてはインターネットからの登録手続きが比較的容易なクレジットカード支払いのみとなっているケースが非常に多くなっています。

支払い方法をクレジットカードのみとすることで手続きが容易かつスピーディとなるだけでなく、もしも利用者が支払いを延滞してしまった場合でもクレジットカード会社が確実に支払いをしてくれるため、MVNOは料金未払いのリスク管理と督促の手間がかからないというメリットも享受できます。

こうした理由から支払い方法をクレジットカード支払いのみとする流れが主流となっているのです。

主要なMVNOではクレジットカード支払い以外の支払い方法もある

ほとんどのMVNOが支払い方法をクレジットカード支払いのみとしているため、格安SIMを利用したいと考えても、クレジットカードを持っていなかったりインターネット上にクレジットカード情報を登録することに抵抗がある場合などには格安SIMが利用できないという難点があります。

しかし、最近では主に大手MVNOを中心にクレジットカード以外の支払い方法に対応するケースが増えてきました。

クレジットカード以外の主な支払い方法としてはデビットカード支払いや口座振替支払いなどに対応するケースが多くなっているので、クレジットカードを持っていないなどの理由で格安SIMの利用を諦めていた人でも、複数の支払い方法があるMVNOを選択することで安心して格安SIMの利用が可能となります。

複数の支払い方法があるMVNO4選

主要なMVNOの中でもクレジットカード支払い以外の支払い方法に対応しているのが、OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイル、楽天モバイル、UQモバイルの4社となります。これらのMVNOの支払い方法や特徴などについて詳しくみていきましょう。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはNTTグループのMVNOであり、口座振替支払いにも対応しています。ドコモ回線を利用して安定した通信速度での通信ができるMVNOなので、ドコモユーザーであれば違和感なく乗り換えができるMVNOと考えられます。

また同社の音声通話SIMを契約していれば、同じNTTグループが提供するIP電話アプリである「050 Plus」を基本使用料無料で利用できるというメリットがあります。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはauのサブブランドのMVNOであり、口座振替での支払いにも対応しています。BIGLOBEモバイルではドコモ回線を利用したプランとau回線を利用したプランがあるため、ドコモの端末とauの端末をSIMロック解除不要で利用でき、キャリアからの乗り換えがし易いという利点があります。

楽天モバイル

楽天モバイルではデビットカード支払いや口座振替支払いに対応していることに加えて、楽天スーパーポイントを利用した支払い方法にも対応しているので、普段から楽天グループのサービスをよく利用している人に特におすすめです。

楽天モバイルでは規定のデータ通信量を使い切った後でも最大通信速度が1Mbpsの速度での通信がし放題の「スーパーホーダイ」というプランがあるので、ヘビーユーザーにもおすすめです。

UQモバイル

UQモバイルもBIGLOBEモバイルと同様にauのサブブランドであり、au回線を利用してサービス提供をしています。UQモバイルでは口座振替支払いに対応しており、全国の地方銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行などの口座を利用して支払いができます。

UQモバイルは全国に多数の実店舗を展開していますし、パケット通信量と無料通話分と端末がセットで定額で利用できるプランを取り扱っているため、格安SIM初心者でも安心して利用できるというメリットがあります。またauのiPhoneをSIMロック解除不要で流用できるという利点もあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る